現在の求人の状況は売り手市場が続いており、採用が思うようにいかない企業が増えています。

求職者が仕事を選べる状況が続いており、雇用形態を問わず思うような応募数を集められない企業が多いのではないでしょうか。

求人情報を掲載しても、思うような人材が集まらず採用コストの高騰に頭を抱えるケースも増えてきています。

求人媒体に広告をたくさん掲載するのではなく、採用コストを抑えて応募数を集める必要があり、内部コストの負担が増えているのも事実です。

採用コストを抑えつつ、有効な応募数を集めるには、求人広告の内容を修正したり、ターゲティングの設定の自由度が高いWeb広告を活用するのも有効な手段といえます。

今回の記事では良い求人が来るような求人広告の改善方法と、Web広告の活用方法を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

採用活動

求人サイトに掲載しても良い求人が来ない理由

求人サイトに求人内容を掲載しても良い求人がなく、応募が集まらないという課題を感じる会社は多いでしょう。

良い求人が集まらないのには理由があります。

求人が集まらない理由を5点紹介します。

仕事内容がわかりづらい

まず1つ目の理由は、仕事内容の表記が分かりづらく求職者が働くイメージを持てないことにあります。

仕事内容は簡潔に箇条書きでまとめて、求職者が仕事内容を見たときに自分が働くイメージを持てるような内容を記載しましょう。

スキルや求める内容を盛り込みすぎている

良い人材に応募して欲しいと考えて、必要なスキルや求めることを書きすぎるのは、良い求人が来ない原因となります。

採用したい人材の期待値が高くなりすぎてしまい、給与面や待遇などの条件が見合わないと応募者は集まりません。

タイトルに魅力がない

求人サイトは競合他社の求人内容の掲載と比較されやすい媒体です。

求人内容のタイトルにインパクトがあるもしくは魅力がなければ、求職者に求人内容を見ることすらしてもらえません。

競合他社より条件面が劣っている

求人内容を魅力のある文章にしても、競合他社に比べて給与面や福利厚生の待遇面の条件が劣っていると、求人は集まりません。

競合他社の求人内容をチェックして自社の求人内容に問題が無いのかを判断しましょう。

同じ職種の求人で掲載場所により内容が異なっている

求人サイトに新しい求人内容を掲載したときに、自社サイトの求人内容の更新を失念していませんか。

自社サイトと求人サイトで求人内容が異なっていると、求職者は情報が正しいのか疑うので、応募しなくなります。

求人が来ない

良い求人・悪い求人の書き方

求人広告を掲載しても有効な応募者が集まらない理由が判明しました。

では良い求人が集まるには、どのように求人を書けばよいのでしょうか。

悪い求人の書き方

まず悪い求人の書き方でよく見かけるのは、ターゲットとする求職者のイメージがわからない求人や、仕事内容が具体的に書かれていない求人です。

求人内容でこんな人を求めていますと書かれている内容で次のような内容を見かけます。

  • コミュニケーション能力がある
  • 学習意欲が高く、率先して物事に取り組める
  • 〇〇の経験が〇年以上ある

具体的にどのような人を求めているのか、この文章だけでは判断できません。

また仕事内容を掲載する際も、エンジニアの募集を例にすると

  • システム開発やアプリケーションの開発を行うSEの仕事です
  • 社内は和気あいあいしており、雰囲気も良い会社です
  • 風通しの良い職場で、福利厚生も充実しています

のような求人内容を見かけたことがあるのではないでしょうか。

会社の雰囲気や仕事内容を説明しているような文章にみえますが、具体的な内容が明記されておらず、求職者は働くイメージが想像できません。

良い求人の書き方

悪い求人の書き方を具体例を交えて紹介しました。

それでは良い求人の書き方はどのようにすれば良いでしょうか。

ポイントをまとめて紹介します。

  • 求職者のターゲットを明確にする
  • タイトルは仕事のイメージがつきやすいクリックしたくなる言葉にする
  • 1枚目に掲載する写真は、実際に働いている様子がわかるものにする
  • 仕事内容は箇条書きでわかりやすくまとめる
  • 業務内容のイメージが伝わりやすい文章にする

良い求人内容は、ターゲットとして求める求職者のイメージが明確です。

年齢や性別、学校や現在の職種、趣味や関心などを細かく設定した架空の人物をターゲットとして設定して、その人に伝わるような求人内容を作成しましょう。

ターゲットとして設定した人物像に当てはまる人が反応してくれる求人内容になります。

そのほか業務内容や職場の雰囲気は、具体的に記載します。

風通しが良い職場をアピールするのであれば、どのように風通しが良いのか具体例を挙げて説明します。

福利厚生が充実しているのであれば、他社と比べて充実しているポイントを具体的に説明しましょう。

求人の書き方

求人の集客方法について

求人媒体に掲載しても思うような応募が集まらないときは、Web広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・リマーケティング広告)を活用して求人広告を出す方法もあります。

リスティング広告を活用する

リスティング広告を活用すると、ターゲットとする求職者と同じ属性の人に向けて広告を展開できる点がオススメです。

リスティング広告は年齢や性別、興味関心のあることやエリアを細かく設定できます。

求人内容では年齢や性別を制限できませんが、広告配信は年齢や性別、興味関心のあることまで細かく設定して広告運用が可能です。

リスティング広告を見てホームページに訪問して応募してくれる方は、求めるターゲットに近い有効な応募者の割合が高まります。

ディスプレイ広告を活用する

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上に掲載される広告です。

広告枠は、バナー広告とテキスト広告と動画広告などがあり、ユーザーの目に止まりやすい広告の出稿が可能です。

リスティング広告と異なる点は、広告掲載枠の画像や動画のサイズが複数存在し、自由にクリエイティブを作成して広告配信が可能な点です。

まだサービスを知らない潜在ユーザーに対し、認知度を拡大するための広告を配信できるのが特徴です。

配信箇所は多数あるためクリック単価が安く設定できるのがメリットですが、顕在化したユーザーへのアプローチではないため、コンバージョン率が低い傾向にあります。

リマーケティング広告を活用する

リマーケティングとは、自社サイトに1度訪問したことのあるユーザーに対して、サイトを離脱したあとも追跡して広告を表示します。

顕在化したユーザーがキーワード検索をした際に表示されるリスティング広告、Webサイトやアプリ上に掲載される潜在ユーザー向けのディスプレイ広告のどちらからも、リマーケティングの設定は可能です。

一度サイトを離脱したユーザーに対し、再度アプローチができるため設定しておくべき重要な広告です。

求人の広告

まとめ

求人サイトや求人広告を掲載しても、良い求人が集まらない原因は、ターゲットの絞り込みがされていないことが理由として挙げられます。

集客数のみアップしても、有効な応募者が集まらなければ、採用コストが高騰してしまいます。

リスティング広告やターゲティング広告、リマーケティング広告を活用することで応募者のターゲットを絞り込み、有効な応募者数の母数を集めることも可能です。

Web広告は利用したことがなく設定方法に不安がある企業の方は、採用代行を活用するのも一つの手です。

京栄コンサルティングの採用代行は、Web広告の設定も含めて、有効な応募者を集められます。

プロのコンサルタントのノウハウを利用して、応募から面接応対まで一気通貫でサポート可能な採用代行サービス「採用ヒーロー」をぜひ検討してみてください。

投稿者プロフィール

いつき
いつき
事業会社でECサイト運営やSNS運用管理などマーケティングの仕事に従事。
2021年5月よりWebマーケティングの知見をもとにWebライターとして記事を執筆しています。