「管理職がチームをまとめられていない」「他部署との連携が取れていない」
管理職や管理職候補の人材育成に携わる方々の中には、このような悩みを抱える方も多いのではないでしょうか?
管理職が適切に成長することは事業の発展に必要不可欠であり、育成担当者は管理職育成の目的、管理職に求められる能力、ポイントを知る事が重要になります。
本記事では管理職が持つ課題点や具体的な研修方法を解説しています。ぜひ参考にして頂き、自社の管理職育成を成功させましょう。

管理職人材の育成研修目的

管理職人材の研修は、管理職としての立場を再認識することが目的です。
管理職の役割は、自身と所属部署の社員を成長させることで業績を向上させることにあります。管理職は自分の役割を再認識してもらい、今後伸ばしていくべきスキルやマインドを明確にすることが必要になります。
会社規模や体制によっては、スケジュールや予算を管理するといったプレイヤーとしての高い素養も求められるほか、コンプライアンス、社員のメンタルケア、マネジメントスキルも求められます。

管理職人材育成

管理職人材育成が必要になる背景

管理職人材の育成はなぜ必要になるのか?
その理由と背景には、

・プレイヤー業務とマネージャー業務が両立できていない

・チームの目標設定ができていない

・他部署との連携ができていない

という理由があります。

プレイヤー業務とマネージャー業務が両立できていない

特に管理職になったばかりの人材は、自身がプレイヤーだった時の業務感覚が抜けていないケースが見られます。そのため管理職としてのマネージャー業務ができておらず、仕事をプレイヤー目線で優先順位をつけてしまうと管理業務に支障をきたしてしまいます。

双方のバランスをとることが重要である反面、それを教育する体制が整っていない会社が多いため、管理職人材を会社を上げて育成していくことが必要です。

チームとしての目標設定がうまくできない

管理職の役割は、業績向上のために適切にチームを先導していくこと。また会社の方針をしっかり理解したうえで、自分なりの考えや方針をチーム目標に落とし込む必要があります。

しかし、自分の考えが定まらないまま目標設定をしてしまうと、チーム内の統率が取れず全員が違う方向を向いてしまう事になります。結果的に業績が上がらず、チームのモチベーションも下がってしまいます。

研修などの育成を通し、チーム方針の設定や目標設定のノウハウを学ぶことが重要です。

他部署との連携ができていない

管理職は他部署と連携したうえで事業を推進していくことも役割の一つです。そして業績向上のために、他部署を巻き込める行動力やコミュニケーション力も大事なスキルになります。

その中で上手く調整が出来ず、他部署との関係構築に時間をかけてしまうことは、管理職育成における課題にもなっています。

管理職人材に求められる能力

管理職人材育成を進めるうえで、管理職に求められるスキルを把握しておく必要があります。代表的なスキルには、問題解決能力/マネジメントスキル/コミュニケーション能力/適切な目標設定・評価力/情報収集・伝達力の5つが存在します。以下で詳しく解説します。

問題解決能力

管理職は、事業運営において発生する様々な問題を解決する力が求められます。
チームメンバーのモチベーション管理や、クライアントとの折衝の中で発生したトラブルなど、起こりうる問題に対して正しい選択をして解決する力が必要になります。

問題解決能力は主に、
・問題を発見する力
・意思決定する力
・解決策を実行する力
という3つを掛け合わせることで形成されていきます。

状況を的確に判断し、意思決定を自分で行うことを習慣化するために、足りない部分は研修などで補う必要があります。

マネジメントスキル

マネジメントスキルは、事業を運営するうえで必要となる「ヒト、モノ、カネ」を網羅的に理解し管理するスキルです。会社の資源をいかに配分して組織を動かすかを考えるうえでは、チームを動かすリーダーシップを発揮する事が求められます。

コミュニケーション力

管理職はチームメンバーや他部署、社外など多くのステークホルダーと関わります。スケジュールや予算、チームのモチベーション管理をするうえで、相手の立場に立ったコミュニケーション力は必須スキルです。

適切な目標設定・評価力

チームをまとめるうえで、適切に目標を設定し、正しく評価するスキルも必要になります。
そのためには部下の声に耳を傾け、現状の課題や個々人の適性などをくみ取ることが必要です。

部下の育成時も感情的に訴えるだけでなく、どうアドバイスすれば部下が成長できるか?という視点を持つことが重要です。

情報収集・伝達力

管理職に求められる情報収集力・伝達力は、
・経営者、役員の方針をチームに伝える力
・チームが目指す方向性を正しく伝える力
・社内外の情報や状況を分析する力
・社外、他部署の情報を正しく共有する力


などが挙げられます。

管理職人材に求められる能力

管理職研修におけるポイント

管理職研修を導入するうえで大事になるポイントとしては、
①研修目標の明確化
②受講者から適切なフィードバックを貰う

という2点が考えられます。

現状の課題から研修の目標を明確にする

管理職研修を行う上で、まずは現在管理職に足りていない課題を洗い出し、その解決目標を明確にすることがポイントです。
管理職の情報収集力が足りない、チームの目標設定が甘い、コミュニケーションが少ないといった課題を明確にし、適切な研修を行うことが重要です。

受講者から研修のフィードバックをもらう

研修のフィードバックは、
①研修直後
②研修から一定期間経過後
の2回に分けてフィードバックを行いましょう。

①については、研修の満足度や理解度、不満点などをアンケートを通して実施することができます。そのアンケートを基に、次回研修にブラッシュアップさせる効果もあります。
②については、研修後どのような変化があったかを、定量面/定性面双方から振り返りを行いましょう。時には管理職の部下にもフィードバックをもらうことで、研修後の適切な効果分析が可能になります。

管理職人材研修の種類

最後に管理職人材研修について、「新任管理職研修」「上級管理職研修」の2種類を解説します。

新任管理職研修は主に管理職になったばかりの人材を対象にしており、上級管理職研修は役員候補の人材を対象にした研修プログラムになります。

新任管理職研修

新任管理職研修とは、管理職に昇進したばかりの人材を対象にした研修プログラムです。現在日本でも多く導入されている研修であり、一般的には課長や係長を対象に実施されています。

新任管理者研修の目的は、自身の役割を認識してもらうことです。管理職になったばかりの場合は、マネジメント業務が中心になることに不安や悩みを持つ人も少なくありません。
プレイヤーからマネージャーになる事の意味や、自信をもってチームをまとめるためのマネジメントスキル研修を中心に行い、会社が求める管理職像を受講者にしっかり伝えるようにしましょう。

上級管理職研修

上級管理職研修とは、課長や部長など経営幹部の一員である人材を対象に行われる研修プログラムです。

長く管理職として仕事をしている人材に、経営戦略策定力や改めて管理職としての役割を再定義することが目的になります。

将来役員になる上級管理職に求められるのは、通常のマネジメント力だけではありません。
・常に変化する情勢に対し、どのような事業展開を策定するのか
・組織を抜本的に改革するうえでどのように社内人材を編成するか

といった経営者意識の醸成をはかる必要があります。

チームではなく会社全体を引っ張っていく人材を育成するために、高いレベルの研修プログラムを選択するようにしましょう。

管理職人材の育成研修

まとめ:管理職人材の育成研修の重要性について

管理職育成のポイントや研修例を紹介しました。今後会社の経営に直結する人材である管理職を正しく成長させることは、強い組織づくりにおいて非常に重要になります。

管理職の特徴と自社が求める人物像を明確にし、積極的に育成を進めていきましょう。

採用ミスマッチを防ぐには採用ヒーロー

採用ヒーローは、「集客にかかる負担を減らしたい」「広告掲載料金に見合う効果が出ない」「採用ミスマッチを防ぎたい」という人事担当者様の悩みを解決できる採用代行サービスです。
求人広告の差配から、面接来場の調整まで、採用に関するお悩みを一気通貫でサポートすることが出来ます。
採用ヒーローを通して、アルバイト集客や派遣社員集客、さらには応募受付にかかる負担を軽減することで、企業に貢献できる優秀な人材採用につなげましょう。

投稿者プロフィール

中西平多
中西平多
中西平多 フリーライター
静岡県出身のフリーライター。これまでにWeb業界、広告業界、ゲーム業界にて営業・コンテンツ企画・メディア編集を行い、2022年より「採用ヒーロー」のコラム執筆を開始。得意ジャンルは就職/転職/人事などのキャリア系